\ 決済端末比較ランキングはこちら!/

STORES決済の手数料は電子マネーが業界最安水準!導入方法をレビュー解説

店舗対面端末決済
mayu
mayu

STORES決済の手数料は安いの?高いの?

sumi
sumi

電子マネー決済なら他を圧倒して業界最安水準ですよ。

だから私も、STORES決済に申し込んでみましたよ。

STORES(ストアーズ)決済とはキャッシュレス決済代行サービスで、申し込みをして審査に通過すると、電子マネーの他にもクレジットカードやQRコードによる支払いを受け付けることが出来るようになります。

私sumiは普段、駅近くのレンタルスペースを借りてウクレレのレッスンをしている、ウクレレブロガーです。

今回STORES決済を調べたところ、特に電子マネーの決済手数料率が低かったので、私も加盟店として申し込むことにしました。

そんな小さなお教室を運営している私sumiが、いろいろ調べて分かった、

STORES決済の
  • 決済手数料
  • 特徴
  • 導入方法

についてお伝えしていきます。

どうぞ最後までごゆっくりご覧ください。

STORES決済で使える決済手段と手数料

対面決済の場合

STORES決済公式サイトより引用

STORES決済に登録して審査を通過すると、クレジットカード・電子マネー・QRコードによる各種キャッシュレス決済の支払い受付ができるようになります。

なお上記キャッシュレス決済の種類と決済手数料は、専用の決済端末を利用した対面決済の場合を表しています。

その他注意点
  1. オンライン決済の場合はクレジットカード(VISA,MasterCard)のみで3.24%
    • STORES決済では対面決済の他にも、STORES請求書決済(決済用WebページURLを送信して支払いを受け付けるサービス)によるオンライン決済ができる
  2. STORES決済でのQRコード決済はWeChat Payのみ
    • STORES決済(旧Coiny)とは別サービスの、ネットショップ作成サービスSTORESではPayPayも使える

ところでSTORES決済の導入費用と月額利用料は?

STORES決済の導入費用は、専用の決済端末代のみです。

しかもオンライン決済しか利用しないのであれば、決済端末も必要ないので導入費用0円ではじめられます。

また月額利用料も0円です!

無料ではじめられて、使った分だけしか手数料がかからないのは、本当にありがたいですね。

STORES決済の電子マネー決済手数料は業界最安水準!

STORES決済の特徴として言えることは、電子マネーの決済手数料が他の決済代行会社と比べても業界最安水準である、ということです。

                  STORES決済Square決済スマレジ・PAYGATEAirペイstera pack
初期費用無料無料無料無料無料
決済端末代19,800円4,980円〜46,980円30,800円
(0円キャンペーン中)
20,167円
(無償貸与キャンペーン中)
無料
(3年以内の解約には所定の違約金が発生)
月額利用料無料無料3,300円無料3,300円
(スタンダードプラン)
交通系ICカード
(Suica、PASMOなど)
決済手数料
1.98%3.25%3.24%〜3.24%3.25%
iD/ QUICPay
決済手数料
3.25%
(QUICPayのみ3.75%)
3.24%〜3.24%3.25%
(QUICPayのみ3.74%)
流通系ICカード
(WAON、nanacoなど)
決済手数料
3.24%〜3.25%
振込手数料無料無料要問合せ無料
(ゆうちょ銀行指定不可)
220円
(三井住友銀行口座なら0円)
電子マネー決済にかかる費用と手数料

ただし扱えるのは交通系ICカードの電子マネー

電子マネーには、

電子マネーの種類
  • Suica、PASMOなどの交通系ICカード
  • WAON、nanacoなどの流通系ICカード
  • その他iD/ QUICPayなど

の種類があります。

STORES決済の電子マネー決済手数料は業界最安水準ではありますが、取り合いのある電子マネーは交通系ICカード(Suica、PASMOなど)のみとなります。

クレジットカード決済手数料も業界標準

mayu
mayu

電子マネー決済手数料は安いけど、他の決済手数料はどうなの?

sumi
sumi

クレジットカードの決済手数料も業界標準で、決して高くはないですよ。

                  STORES決済stera packAirペイスマレジ・PAYGATESquare決済
クレジットカード
決済手数料
3.24%2.80%
(2年目以降2.70~2.90%で変動)
(Visa,Mastercard以外は3.74%)
3.24%3.24%〜3.25%
UnionPay
(銀聯)
決済手数料
3.25%3.24%3.24%〜
クレジットカードの対面決済手数料

クレジットカードの決済手数料は、どこも同じくらいでSTORES決済もその中にいます。

電子マネー決済手数料が安いからといって、逆に他の決済手段が高いという事はありません。
※各社の月額利用料や振込手数料は、電子マネーの手数料のところで記したものと同じです。

駅近お店はSTORES決済導入が正解かも

STORES決済を利用すると、電子マネーは交通系ICカード(Suica、PASMOなど)しか使えないけど決済手数料は業界最安水準、他の決済手段も決して高くはない、むしろ安い方だ…となると…。

sumi
sumi

駅近やバス停近くのお店は、交通系ICカードの決済手数料が安いSTORES決済の導入が正解かも!

SuicaやPASMOを使って、電車やバスでお店に来てくれるお客さまは、交通系ICカードで支払いが出来ると喜ばれると思います。

お店側にとっても、決済手数料が安い決済手段を堂々とおすすめ出来るので、STORES決済の導入は双方にとって嬉しい選択となるでしょう。

ここでちょっと注意点

STORES決済で電子マネー決済に対応できるスマートフォンまたはタブレットは、iOSのみとなります。

そもそもキャッシュレス決済の導入にはどんな準備が必要なの?という事に関しては、こちらの記事で詳しくお話しています。
>>キャッシュレス決済端末比較ランキング!キャンペーン情報や導入費用も解説

STORES決済の導入・申し込み方法【体験レビュー】

STORES決済公式サイトより引用
sumi
sumi

私の生徒さんは電車に乗ってレッスンに来られる方が多いので、電子マネーの決済手数料が安いSTORES決済が良い!と思って申し込むことにしました。

STORES決済 導入までの流れ
  • 01
    お申し込み 最短5分で完了

    STORES決済サイトから申し込む

  • 02
    加盟店審査 最短2営業日~

    STORES決済側で加盟店審査

  • 03
    決済端末の送付 お申し込みから最短3営業日~

    審査通過で専用決済端末が届く

  • 04
    ご利用開始 最短5分でセットアップ完了

    STORES決済でキャッシュレス決済をスタート

STORES決済サイトから申し込む

「お申込み」ボタンを押して、必要事項を入力して行き、STORES決済を申し込みます。

「最短5分で完了」とありますが、超慎重派の私は90分位かかりました。
かかり過ぎ(;’∀’)

つまづきポイント

個人/法人、開業済み/開業前、店舗形態、店舗ホームページあり/なし、などにより必要書類が異なってきます。

それら必要書類を確認しながら、入力・ファイル提出をしていくと、どうしても時間がかかってしまいました。

sumi
sumi

私のような個人事業主で、固定店舗を持たない店主さんは、店舗住所の情報提出の辺りで立ち止まるのではないでしょうか。
もし分からない所や入力しきれない所が出てきても、進めるところまで進んでみましょう。

必須項目が未入力だと先に進めませんし、選択項目の一部が未入力の場合は手続きを先に進められます。

プライベートサロンなど店舗住所を公開していないお店でも申し込めるので、STORES決済に興味のある方は加盟店申請をしてみましょう。

\STORES決済のお申し込みはこちらから/

STORES決済側で加盟店審査

必要事項の登録を漏れなく完了すると、まずはクレジットカードの加盟店審査がはじまります。

私の場合は、審査に関する追加の情報が必要とのことで、STORES決済の審査管理センターから、メールとお電話を項くというやりとりが一回ありました。

頂いたメールに返信する形で追加情報を提出すると、止まっていた加盟店審査が再開されました。
 

sumi
sumi

必要な追加情報は、利用予定シーンにより人それぞれ。
審査が止まってメールが来ても、慌てず対応すれば大丈夫ですよ。

「本当にこれ良かったのかな?」など条件を調べなおしたり回答したりと、STORES決済アカウントから最終的にログアウトするまでには、更にかれこれ1時間位かかりました。
やっぱ、かかり過ぎ(;’∀’)

あっ、でもその中には、別途申し込みが必要な「電子マネー決済の申し込み」もありましたからね。

ちなみに、同じく別途申し込みが必要なWeChat Payは今回は申し込みませんでした(後からいつでも申し込みできます)

「審査中」のステータス画面
sumi
sumi

STORES決済の方が、Square決済よりも細かい登録が必要で、若干審査が厳しい印象を受けました。

審査通過で専用決済端末が届く

STORES決済の加盟店審査に通過すると、すぐに決済端末を送付して下さるそうです。

最短2営業日で審査完了後即発送⇒申し込みから最短3営業日で決済端末が届くという事ですね。
楽しみです(^▽^)/

STORES決済でキャッシュレス決済をスタート

無事に加盟店審査に通過して、決済端末が届いたらいよいよ、STORES決済でのキャッシュレス決済をスタートできます。

決済端末を利用する場合は、STORES決済のアプリをiPhoneまたはiPadにダウンロードして、決済端末とはBluetoothで接続して支払いを受け付けます。

「最短5分でセットアップ完了」とありますが…私の事だから、もっとかかることでしょう。

この辺りことは、また私の手元にも無事に決済端末が届いたら、お伝えしていきたいと思います。

まとめ:交通系電子マネーがメインのお店ならSTORES決済を始めよう

今回はSTORES決済の手数料が気になる方へ、STORES決済の特徴や導入方法もあわせてお伝えしてきました。

STORES決済の手数料と特徴
  • 電子マネー決済は業界最安水準の1.98%
  • 他手数料も業界標準で悪いところ無し
  • 強いて言うなら決済手段は若干少ない
  • 電子マネー決済対応機種はiOSのみ

そして、STORES決済の申し込みは慎重にやると結構な時間がかかります。

しっかりと時間を確保してから、申し込みには取り掛かりましょう。

STORES決済で他にもできる様々なことに関しては、こちらの記事でお話しています。
>>【STORES決済とは】POSレジ・ネットショップ・予約システムと連携できる決済サービス!

\条件達成で STORES 決済端末が0円になる!/

どこのキャッシュレス決済サービスを利用するのかを選ぶことは大変なことですが、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは、あなたのお店も Let’s キャッシュレス!